歯科治療に伴う痛み

歯科治療は基本的に痛みを伴うものです。
僕自身はほんと嫌いです。見えない恐怖があります。
特に小さい頃に体験した矯正などは大変な痛かった記憶があります。
痛み止めを服用するほどではないですが、歯科器具を初めて付けて、
慣れてくるまで一週間位と月一回、調整をした後、三日間ぐらいの歯の痛みがあります。
個人差がありますが、まず基本的に「ある」といえます。
でも、だんだん痛みも減ってきますし、痛みに慣れてもきますので、
私なんかは矯正治療中、調整後の痛みがあると歯が動いている気がしてうれしかったほどです。
これで綺麗な歯並びなれると思ったらほんと嬉しい限りです。
主に成長期の上顎前突症例に使用され、筋肉の力を利用して下顎の成長を促進させることができます。
ほとんどの場合は就寝時に使用します。
使い方は、寝ているときにマウスピース型の装置をくわえていただきます。
幼いお子さまにも負担が少なく、1年間程度で治療することができます。
もちろん、ほとんど痛みを感じることもありません。
しかし、受け口の改善直後に装置の使用を中止してしまうと、習慣的に以前の悪い筋機能が後戻りし、
再び歯列も受け口になってしまうこともあります。
大阪でも有名な矯正の先生がいてます。一度カウンセリングしてもらう事をおすすめします。
ただ今の世の中どの歯科クリニックが良いか判断がなかなかできません。
そんな時は口コミサイトなどを見るのも一つおすすめです。
今回、親知らずが痛みだして抜かないと駄目とドクターに言われてました。
親知らずは抜くのが痛いので正直…放置しようかとおもっています。
また矯正治療に興味のある方は一度動画を見てください。