包茎とは?

一言に「包茎」といっても、「真性包茎」と「仮性包茎」に大別されます。
陰茎における先端部である亀頭を覆っている皮(包皮)の開口部が狭く、亀頭を露出できない状態を真性包茎と言います。
ちなみに仮性包茎とは、手で包皮を剥くことができて、勃起時にも亀頭が露出できる状態をいいます。
もちろん幼少時は基本的に皆が包茎であり、仮性包茎は問題とはなりません。
しかし、小児期においてでも手術が必要となるような真性包茎の実例ももちろんあります。
真性包茎の場合は、亀頭の発育が制限されることがありますので、是非、専門の医療機関にご相談ください。
基本的に包茎の症状で全般にいえるのは、亀頭周囲に垢が溜まり易く、そのままにしておくと包皮内に炎症が起きてしまうことです。
その場合には、陰部の痛み・排尿痛・陰部の痒みなどがでてきます。
手術が必要であるのは真性包茎ですが、感染を繰り返す仮性包茎の患者さんにも手術はおすすめします。

包茎治療なら新宿形成外科
https://www.s-keisei.jp/houkei/index.html#01